PC インターネット

MENU

外貨で効率的にリスクを抑えた資産運用『積立FX』!

積立FX

まずは、インターネット!!

FXトレード

FX取引を始める前に、まず、
インターネット環境を整えておきましょう。

 

FX取引は、FX会社とネットを通じて行うため、
パソコンやモバイル等が必要になってきます。

 

もちろん、電話での取引も可能ですが、為替レートは常に変動していますので、一刻も早く、買いたい時や売りたい時に取引をするためには、インターネット環境が整っていなければ、
リアルタイムでの取引が出来ません。

 

まず、最初にPC(パソコン)を用意しましょう。

 

そして、インターネットを接続するために、
インターネット用の回線と接続サービスを申込む必要があります。

 

インターネット用の回線と言うのは、光ケーブルやADSL、無線LANを使ったWi-Fiなどです。

 

また、接続サービスと言うのは、
通信会社やプロバイダーと呼ばれているサービス会社が提供しているものです。

 

このネット回線も接続サービスも毎月費用が掛かってきますが、
FX取引をスムーズに行うためには、どうしても不可欠なものであり、

 

申込も家電量販店や通信会社ショップなどで行うことが出来ます。

 

通信速度によっては、チャート表示が遅くなったり、フリーズする可能性があるため、
出来れば高速通信で常時接続することが出来る光ケーブル、ADSL回線を選ぶようにしましょう。

スマートフォンでいつでも、どこでもFX

スマホを片手に歩く女性

また、スマートフォンからでも仕事の休憩時間や外出先等、ちょっとした時間にチャートチェックやポジションの決済等が、出来るようになっています。

 

しかし、スマートフォンは画面が小さく、複数のチャートを一度に表示させて比較することなども難しいので、初心者の方の場合は、スマートフォンだけの取引というのはお勧めしません。

 

また、スマートフォンだけのチェックで新たなポジション
をもつことは、初心者の方には、オススメしません。

 

FXのトレード中に、PCの調子が悪くなったり通信が不安定になったりするとポジション保有中などは、売り買い出来ず大変なので、可能であれば、予備のパソコンか、スマートフォンが1台あれば、いざと言う時に対応できますので、出来れば、両方使えるようにしておきましょう。

FXトレードに必須機器とサービス

 【1】インターネット用の回線
 【2】パソコン
 【3】予備のパソコンまたはスマートフォン (どちらも有れば、ベスト)

 

FX口座の開設手順