資産運用 FX

MENU

「資産運用としてのFX」とは?

資産運用 FX

資産運用としてのFX」とは、外貨預金や株式の代わりに運用するFXと、スワップポイントという一種の金利をもらえるFXの投資手法です。

 

国内のFX市場における口座数と証拠金預託額ですが、
外為法が改正され、外貨取引が自由化された1998年以降、かなりの数に伸びてきています。


外貨預金 対 FX

為替手数料

一方、同じ外貨を扱う外貨預金の伸び率は、

伸び悩んでいます。

 

なぜ、同じ類の商品でありながら、こうも違うのでしょうか。

 

それは、為替手数料の違いが大きいのです。

 

外貨預金の場合は、ドルで片道1円、通貨によっては3~4円もかかってしまいますが、、FXではわずか数銭程度で、中には、全く為替手数料のかからなFX会社も存在します。

 

外貨預金には、銀行が外貨を売る時の為替レートのTTSと、
外貨を買い取る時の為替レートTTBがあります。

 

銀行が通貨を売買する際の基準となる為替レートの
TTM(=仲値)からTTSまたはTTBを差し引いた金額が実質の銀行の為替手数料となります。

 

FXでは、このTTS、TTBの仕組みを無くしてしまったのです。
これがFXの最大の魅力といえましょう。

株式 対 FX

株式 VS FX

次に、株式とFXを比較してみます。

 

株式投資をする際、資金が足りなければ銀行などからお金を借りることになりますが、当然返す時は金利がかかります。

 

消費者ローンから借りれば、
十数%もの高い金利がついてしまいます。


株式を担保に入れて借りる、担保金融でも数%の金利を取られてしまいます。

 

一方、FXは、証拠金を元にレバレッジ効果で
何倍、何十倍もの取引を実質金利セロで運用できるのです。

 

つまり、タダでお金を借りられるようなものなのです!

限定されたリスク

コンピュータ

一方で、FXは手数料が安い、レバレッジ効果により自己資金以上の取引ができるなどの理由で、初心者の方が、大きな損失を被る可能性もありました。

 

そうしたリスクに歯止めをかけようと、金融庁によるレバレッジ規制や、証拠金を多めに預け入れるよう、FX業者が投資家に対して指導をしていこうという、業界全体の取り組みがなさています。

 

その結果、以前は、
レバレッジが100倍を超える商品もありましたが、今では最大25倍になっています。

 

そして、現在のFX取引のシステムでは手持ち資金がなくなれば、自動的に決済される
ロスカット」という仕組みになっていて、よほど大きく相場が動かない限りは、
危険性も限定された投資商品になっています。

一般的な中・短期のFXトレード (運用ではなく "トレード")

FXトレード

外国為替証拠金(FX)と言うのは、外国為替のことを英語でForeign Exchangeと言い、

そのFとXを略してFXと呼んでいます。

 

この外国為替は、一国の通貨と他の諸外国で使われている通貨の価値の対比で両替することを指します。


外国為替証拠金取引とは、その両替をする際、交わされる取引に必要な総資金の1部の資金で
取引をする~簡単に言えば、各国の通貨を売買することを言います。

 

FXとはつまり、
通貨間の価値変動を利用し、外貨を売買する際に生じる為替差益を得る金融商品なのです。

 

しかし、為替レートの変動によっては、為替差損になることもあります。

続く